スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

16th Anniversary 


今日9月2日は我が家の結婚16周年&二人が出会った日から18周年の記念日。
ディナーは前から行きたいと思っていたRoy's に行って来ました。
お値段はちょっとお高めだけど、お味とサービスはなかなかよかったです。
こういうお店は子供のいないうちじゃないと楽しめないしね(笑)

「今年の記念日のプレゼントは新しい家族の一員でした!」とご報告出来たら
最高だったとは思いますが、残念ながらそれはありません。。。



以前の記事で触れた実母さんは8月31日午前3時頃に女の子を無事出産
したのですが、諸々の事情から我が家は縁組を辞退する決断を下しました。

詳細は書面にするにはあまりにも長すぎるし、口頭で説明しても内容が
ややこしすぎて私の母なども理解に苦労した位なので割愛しますが
我が家が難しい決断を下したおおまかな理由は下記の通りです。

* 実母さん側の養子縁組に対する姿勢や考え方が我が家と相違する

* 実母さんの性格や事情柄、将来的に子供が成人に達する迄の20年前後の
長期にわたるお付き合いがスムーズに進む可能性が低く、近い将来何らかの
アクシデントが生じて実母さんが我が子と面会するのを拒否せざるをえない
状況に陥る可能性の高い事が安易に予測される

* この子に対する実母さんの母親(祖母)の執着心がものすごく強い

我が家が行うオープン・アダプションという養子縁組においては
子供の成長過程に実母さん側との交流を持つ事がとても大切なのですが
結婚と同様にやはり価値観の違う人と関係を続ける事は難しいし
正しい縁組ではないと思うのです。温かく安定した家庭や経済的な面で
判断すれば我が家の方が遥かにこの子にとって恵まれた環境で
あるには違いないけど、今後のお付き合いが危ぶまれるようであれば
我が家が受け入れる事は決してその子にとってベストではないから。。。

養子縁組の手続きを始めた時にはまさか自分たちの方から縁組を辞退する
という選択をしなければならない状況に立たされるとは夢にも思って
いませんでした。でも、この一ヶ月程の間に様々な問題や葛藤が生じ
まさに怒濤の日々という感じだったので、今回の縁組が見送りになって
残念というよりは安堵の息をついたという方が正直なところです。

まぁ、こんな事情で我が家の養子縁組はまた振り出しに戻った訳ですが
実はまだ暗闇の先の光が消えてしまった訳でもないんですよ。
長くなったのでその話はまた後ほどゆっくり書く予定です。
乞うご期待♪


にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ

ランキングへのワンポチお願いします

関連記事
[ 2011/09/02 21:45 ] 養子縁組 | トラックバック(-) | コメント(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。